1月8日

みちのそらの蔵書から、ときどき
おすすめを紹介していきます。

こうくんとちいさなゆきだるま

こうくんとちいさなゆきだるま
こうくんとちいさなゆきだるま
暖かいお正月でしたね。
しかしこれからが1番寒い時期です。
そろそろ関東でも雪の日がくるでしょうか。

カーテンを開けたら、外は雪景色。そんな朝のときめきから、おはなしがはじまります。
こうくんのつくったちいさなゆきだるまのなんとかわいらしいこと。ふしぎに表情豊かなたくさんのゆきだるまたちにひきこまれ、気がつけばこうくんと一緒になって、ゆきだるまたちの世界で遊んでいます。そしてすっかりさむくなってしまったこうくんを見ていると、絵本を読んでいる自分まで、ふるえてきますが、さいごには、とってもあったかな、たのしくふんわりとした気持ちで、絵本をとじるのです。

雪の季節に、おすすめの絵本です。

作:はせがわさとみ
小学館

マンガ童話

マンガ童話
マンガ童話
なんとなく、新春におすすめ、
長新太の「マンガ童話」
とにかく、一話、読んでみてください。
思いもよらないキャラの登場、予想を裏切り続ける展開。頭の中をくるっとひと混ぜされたような感覚におそわれます。思わず次のページ、その次のページと、読んでしまいます。麻薬のような、マンガ童話、見る者の緊張を緩める線に、辛辣な視点が合わさり、油断のできない本、です。

作:長新太
トムズボックス
¥1296(みちのそらにて販売中)

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    ぷう (金曜日, 08 1月 2016 20:54)

    いいね、いい企画ですね。

    みちこさんの紹介文、すごくいいです。

    これからも、たのしみです。