1/27 本棚より

瀬戸照
瀬戸照
「ボールペンの植物達」 瀬戸照

静かな画集です。ため息の出るような細密画は、0.7mmのボールペンで描かれているそうです。散歩中にみつけた木の実や枝。乾燥した花や枯れた葉。選ばれた題材のなにげなさと存在感になんだか胸を打たれました。静かで硬く、それでいて豊かさを持つ植物達が、小さい本そのものにあたたかい重さを作っているように思います。

トムズボックス刊  ¥1080  (みちのそらにて販売中)

ゆきドラゴン
ゆきドラゴン
「ゆきドラゴン」  作:加藤志異  絵:アヤ井アキコ

たろうくんが作ったゆきだるま。足をつけてやったら、どこでもつれてってあげる!なんてはりきるのはいいけれど、すぐにつかれて、もうだめ。
気はいいけれど、根性はあんまりない、ゆきだるま、放っておけないどこかの人気者みたい。みんなに心配されて、みんなの力をもらって、すごいゆきドラゴンになって、でもやっぱり、もうだめ〜、ななりゆき。
日本のふつうの雪景色が、とってもいい。雪の感触や、空気の湿り気具合まで感じられます。終わりの展開と、最終ページのかわいさに、思わず笑顔がこぼれます。

学研おはなしプーカセレクション 第2巻第11号