太陽のひと

「離島の本屋」、「太陽のひと」、(どちらも朴順梨:著、ころから刊)再入荷しました。
著者の朴順梨さんは、地元太田市出身の作家です。

日本のあちこちの離島を巡り、島にある本屋さん事情と島の人々を映し出した「離島の本屋」、おすすめなのです。軽やかな切り口と味わいある写真で、リラックスして読み進めながらも、しみじみとした何かが残ります。

太陽光発電でロックフェスを、実現し、続けている人々がいるのです。ソーラーエネルギーで澄んだ音を届ける。否定ではなく肯定で世界を変える、「太陽のひと」。
太陽のフェス、今年は今週末9/10,11に行われます。
「中津川THE SOLAR BUDOKAN2016」
ソーラーで伝える音はきれいなんだそうです。太陽の音を、聴きに行きましょう!