ビブリオバトル

2月26日、みちのそらで初のビブリオバトルが開催されました。
参加者3名という最小規模での決行でしたが、充実した時間となりました。
まずは、ビブリオバトルなるものを初めて体験するみなさんへ、公式ルールを説明します。公式ルールといっても、内容は、「必ず自分の読んだ本を1人5分間で紹介する」等、やさしいものです。
今回紹介された本は、
☆『はしれきかんしゃちからあし』
☆『南の島に雪が降る』
☆『離島の本屋』
発表順はじゃんけんで、チャンプ本は指差し投票で決めるというゆるい雰囲気ながら、各自の発表ではかすかな緊張感がただよいます。話すこと聞くことに集中していくと、どの本も、どの人も、魅力的に思えてきます。この本を読んだこの人に、この人の読んだこの本に、興味がわいてくるのです。やっぱり、ビブリオバトルって、おもしろい!次回もたのしみです。