切絵

2月11日。『まめ展』参加作家の坂井高史さんが、追加作品を携えて、東京から、お越しくださいました。
豆のように小さく、繊細で精巧な切絵作品は、ご来場の方を驚かせ目を奪います。切絵でありながら奥行きのある立体感と、小さな箱の中に広がる物語。じっとのぞきこんでは時を忘れてしまいます。
追加の新作は、優しく温かく今の季節にぴったりの『豆』作品。ぜひ会場でご覧ください。